交通事故の後遺症

交通事故で後遺症が残ったら・・・必要な情報をまとめています。

交通事故の後遺症で働けない状態に陥った際の対処法

現代社会において交通事故は誰にでも降りかかる可能性があります。事故による心身のダメージは大きく、場合によっては後遺症によって働けない状態に陥ってしまう可能性もあります。交通事故のトラブルを解決するためには正しい知識と迅速な対処が不可欠です。

事故が原因の後遺症の詳細を学び、働けない状態になっても生活出来るように備えましょう。

意識を失い体が痙攣!交通事故の後遺症?

交通事故による後遺症の特徴

交通事故は殆どのケースで歩行者側に大きな被害が及びます。一般道の法定速度である時速40キロのスピードで衝突された場合でも、約6メートルの高所から落下したのと同程度の衝撃を全身で受けてしまいます。強い衝撃を受けると筋肉や骨、臓器など様々な器官に甚大な損傷が生じてしまい、場合によっては死亡する危険もあるので事故後は速やかな対処が不可欠です。

特に頭部は強い衝撃によって脳の機能が破壊されるおそれがあることから、治療が遅れるとそれだけ人体へのダメージも深刻なものになってしまいます。交通事故に遭うと怪我が治っても後遺症に悩まされる場合があります。

後遺症は外見では異常が無いものの、特定の部位の機能に大きな障害が残っている状態を指します。動かすと強い痛みを感じたり、触覚が低下するなど後遺症の症状は様々です。中には記憶力や認識力の低下、知能の後退など脳の機能に重大な悪影響をもたらすケースもあります。

後遺症は交通事故による器官の損傷から派生するものなので、事前の予防は不可能です。また、どのような症状になるかは人によって違うことから、怪我の治療中でも適切な処置を施すことが出来ないのも後遺症の特徴です。

生活に支障を及ぼすほどの後遺症について

交通事故の後遺症はわずかに違和感を覚える程度の軽いものから生活に重大な支障を及ぼすものまで様々です。交通事故による後遺症は決まった症状や発症に至る条件が無いことから、実際に症状が出るまでは対処出来ない問題があります。

外見には殆ど損傷がみられない軽度の交通事故であっても、日数が経過してから急に体の具合が悪くなるのも珍しくありません。程度の軽い接触事故でも後になってから自力での歩行が困難になるほどの重大な後遺症に見舞われる可能性があります。

そのため、交通事故に遭った際は具合の良し悪しを問わず、すぐに医療機関で入念な検査を受けるのが後のトラブルを防ぐための心得です。交通事故が原因の後遺症の中でも重篤なものになると歩行や呼吸が困難になったり、脳の機能に大きな障害が及んでしまうことがあります。

特に脳障害は医学的な異常が確認出来なくても生活に大きく差し障る状態に陥ってしまうケースがあるので、医療機関での検査の際には注意が必要です。

筋肉や骨に異常が無くても脳の機能に障害が生じた場合は適切な思考や行動が取れず、働くことが出来ない状態に陥ってしまいます。そのため、後遺症による生活破たんを防ぐためには近親者など周囲の人の協力が不可欠です。

働けない状態になっても暮らしを営むための工夫

交通事故はいつ、どこで起こってもおかしくないトラブルです。年齢や住む地域に関係無く、誰でも事故に遭う可能性があります。事故で重大な後遺症を患い、そのために働けない状態に陥ってしまう危険は決して他人事ではありません。

我が身に降りかかる可能性がある災難を避けるためには事前の準備が必要になります。近年では事故などのトラブルで働けない状態になった人を対象にした、就業不能保険を扱う保険会社が増えています。交通事故によって働けないほどの後遺症に見舞われた人でも必要な生活費に充てることが出来る保険金が得られるので、就業不能保険は不測の事態への金銭的な備えとして最適です。

保険会社ごとに保険金の支払い条件やサービスの内容が異なるので、自身の境遇に適したプランを扱う所を選ぶのが良い結果に繋げる条件になります。また、体を動かす必要が無い副業を行うのも暮らしを維持する工夫の一つです。

交通事故によって働くことが出来ない状態になっても、体を軽く動かす程度の仕事であれば就業が可能なことがあります。時間が短く仕事内容も単純作業の繰り返しになることが多いですが、適度な運動は後遺症の解消に繋がるリハビリになります。

そのため、後遺症の症状を把握したうえで体に負担をかけ過ぎない内容の仕事を選ぶことが大切です。

加害者側が支払う慰謝料の相場

交通事故トラブルは車両の修理や被害者の治療など、金銭の支出から生じるのが普通です。特に治療費などの支払いは加害者側が行うのが道理ですが、被害の度合いで適切な支払い額は大きく変わります。また、慰謝料を得る目的でわざと事故に遭う悪質なケースも稀にあることから、交通事故を起こした場合は決してその場で謝罪したりお金を支払ってはいけません。

保険会社を介さない話し合いは後になってから大きなトラブルに至る危険が大きいことから、必ず保険会社に連絡して間に立ってもらうように心がけます。交通事故の加害者が支払う慰謝料は事故の度合いや被害者の状態で大きく変わるので具体的な相場は断言出来ません。

その一方で被害者の健康状態で慰謝料の支払い額が決まる風潮があることから、被害者が怪我を負ったことを過剰にアピールしてきた際には注意する必要があります。また、慰謝料は交通事故の直接の被害者を対象に支払うのが慣例になっていることから、人以外に路上の設備を損壊させた際は所有者にも慰謝料を請求されることを注意します。

交通事故で後遺症障害が残った場合について

働けなくなった被害者へ支払う慰謝料の決め方と就労不能を証明する必要性

交通事故が原因で働けなくなった人へ支払われる慰謝料は怪我の治療費や迷惑料の他、事故に遭わなければ就労して得られたであろう賃金も含まれています。

そのため、類似した事故状況であっても被害者が就労している場合は勤務先で得られる収入を予測して計算を行うので、慰謝料の金額に差が生じてもおかしくありません。

また、重要な仕事を任されている人や大掛かりな仕事に従事している人ほど慰謝料の金額が大きくなる傾向があります。事故が原因で働けない状況になった際は素人判断での対処をせず、医療機関で事故の後遺症があることを証明してもらうのが賢明です。

保険会社の支払いや行政の補助サービスを受けるためには医療機関が作成する証明書が必要になるので医療機関での検査が不可欠です。特に生活に支障を及ぼすほどの後遺症が生じた場合は生活面での介助サービスが必要になることから、自身の暮らしに不具合を起こさないためにも証明書が重要になります。

参考サイト...交通事故後遺症 ... https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/

© 2018 交通事故の後遺症 Bluesand Theme